忍者ブログ
ようこそ!JQ2RVNのブログです。 PICを使っていろいろな物を作ろうと画策中です。
[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回も16bit PICのアセンブラ命令をまとめていきたいと思います。
今回はMOV命令です。
順番的には逆のような気もしますが・・・(^^;;


一覧:
MOV{.B} f {,WREG}
MOV{.B} WREG, f
MOV f, Wnd
MOV Wns, f
MOV.B #lit8, Wnd
MOV #lit16, Wnd
MOV{.B} [Ws + Slit10], Wnd
MOV{.B} Wns, [Wd + Slit10]
MOV{.B} Ws, Wd
MOV.D Wns, Wnd
MOV.D Wns, Wnd
以上の11形式があります。
多いですね~


MOV{.B} f {,WREG}
fで指定されたアドレスの値をWreg(W0)またはfに格納します。
fは13ビットアドレスですからNear領域のみ示せます。
WREGを省略するとf → fとなり、移動はなにもされません。
一見意味がないように見えますが、ステータスレジスタは変化します。

なので、fの値が0かどうかなどの判定に使えます。

MOV{.B} WREG, f
上記の逆です。Wreg → f


MOV f, Wnd
f で指定したアドレスの値を、Wndに格納します。
機械語では、1000 0fff ffff ffff ffff ddddなので、f は15ビットしかないように見えます。
しかし、この命令はワード専用(16bit)なので、
ファイルレジスタのアドレスは必ず偶数になります。つまり0ビット目は0です。
この0を付け足すと16bitになりますから、データメモリ全域が指定できます。
(ffff ffff ffff fff0のところにアクセスする)
なお、アセンブラ上では元のアドレスのまま書けば、アセンブリのときに変換してくれるようです。
(27FEにアクセスするときは、13FFとせず、27FEのまま書けばいいということ)

MOV Wns, f
上記の逆です。Wns → f


とりあえず、直接アドレッシングタイプは上記4つです。
その他は、次回以降に・・・
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
コールサイン:
JQ2RVN
性別:
男性
自己紹介:
PICの開発を勉強中です。
目標はPICTNCの高性能版を作ること。
まずは、本家を解析しています。
最新コメント
[04/23 Eolande]
[04/16 太田和巳(JF2UJG)]
[09/10 je7ifp]
[08/06 JQ2RVN]
[08/03 OVC]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析