忍者ブログ
ようこそ!JQ2RVNのブログです。 PICを使っていろいろな物を作ろうと画策中です。
[20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回DSPによる復調の方法を挙げたけど、
なんで、LPFが必要なのか?っていう話です。


サンプリング周波数の1/2以上の信号は、
正しく扱えないってのは、ナイキスト周波数ってやつで、よく知られている。

周波数がサンプリング周波数の1/2の正弦波を波形を考えてみる。
位相が0 radの時にサンプリングを始めたとしたら、
次のサンプリングはπ rad。その次が2π rad・・・
結局、出てきた値は0 0 0 0・・・の連続。
確かに、正しく扱えないっすね(^^;;




で、ここからが重要。
もし、ナイキスト周波数以上の信号が入ってきたとしたらどうなるか?

これを折り返し雑音というらしい。

たとえば40kHzでサンプリングしていた時、ナイキスト周波数は20kHz
もしここで、22KHzの信号が入ってきたとしたら、
それは18kHzの信号に見えてしまうという。
(ナイキスト周波数を中心に反対側「折り返した」信号)




この折り返し雑音ってのは、意外に身近でも起きていて、
たとえば、テレビで車の車輪をみると、逆回転に見えることがあるけど、
あれも、フレームレート以上に高速に回転しているかららしい。
つまり、テレビって30Hzでサンプリングしているのと同じだから、
15Hz以上の動きがあると、折り返された信号(映像)が見えてしまうんだって。
しかも、負の周波数になるから逆回転(ここはよくわからんw)




ということで、A/D変換の前にLPFを入れて、
折り返し雑音を取り除いてしまおうという魂胆です。
このフィルターを、アンチエイリアスフィルタっていうらしい。

でも、せっかくのデジタル信号処理を使って、
部品点数や回路を簡単にしようとしているのに、これじゃあ悲しい。


ならば!ということで、サンプリング周波数を上げにあげる。
(オーバーサンプリングとかいうらしい・・・違うかもしれんけど)


Bell202の復調をするのなら、2200Hz以上の信号は不必要なわけで、
もし、4500Hzでサンプリングしたら、かなり急峻なフィルタが必要。

でも、30kHzでサンプリングしたら、2200~15kHzが遷移領域になるフィルタでいいわけで
RCでも何とかなるんじゃないかーってものになる。
っていうこと。

ちなみに、ナイキスト周波数で-40db程度落とせていたらいいみたい。

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
コールサイン:
JQ2RVN
性別:
男性
自己紹介:
PICの開発を勉強中です。
目標はPICTNCの高性能版を作ること。
まずは、本家を解析しています。
最新コメント
[04/23 Eolande]
[04/16 太田和巳(JF2UJG)]
[09/10 je7ifp]
[08/06 JQ2RVN]
[08/03 OVC]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析